最低限身に着けておきたい接客マナーとは?

身だしなみを整えよう!

接客業をするなら当たり前ですが、身だしなみはきちんと整えましょう。どんなにあなたが優秀な人でも、初対面のお客様が見るのは、あなたの外見です。髪は伸びすぎていたり、ふけはついていないか、ネクタイはきちんとしているか、靴はつま先まで綺麗に磨かれているか、お客様がみているのは、そういった細かい部分です。身だしなみに個性や奇抜さは不要です。周りの人たちに合わせて、しっかりとした身だしなみをするようにしましょう。

相手の話をよく聞こう!

お客様がクレームなどで話しかけて来たりすると、焦ってしまうこともあるかもしれません。その時に、ついつい途中で口を挟んでしまいますと、余計に話をややこしくしてしまいがちです。まずは、お客様の話を最後までよく聞いてあげること、話をしている間にお客様も心が落ち着いてくるものです。これは普通の接客時でも変わりません。最後前話を聞くことで、お客様の要望を理解して、それからこちらの話をし始めるのが、接客業のマナーです。

当たり前ですが丁寧な言葉遣いを!

接客業に限らず、社会人なら当たり前ですが、お客様に対応するときは丁寧語、尊敬語、謙譲語を使いましょう。普通はそれらの丁寧な言葉を使っていても、相手がフランクな話し方のお客様だったり、年下のお客様相手ですと、雑な話し方をする人をたまに見かけます。それが相手に親近感を沸かせることがあることは、否定しませんが、それを不快に感じるお客様も多いです。基本的には、誰に対しても、丁寧な言葉遣いを心がけましょう。

社員のモチベーションをどのように向上させるか、これは経営者にとって最大の課題ですが、就業規則の策定による労働条件の明示は、一つの有効な方法と言えます。その中で、昇任や昇級などの条件を明示すれば社員は、条件が明らかになったことにより、昇任や昇級を目指し日々の業務に邁進するのです。なお、策定に当たっては社会保険労務士などの専門家のアトバイスを得ることが近道です。