資産運用を有利にする制度とは?NISAと確定拠出年金

資産運用が必要な理由とは?

資産運用が必要だという話をよく聞くようになりました。理由はいくつかありますが、主なものとしては、インフレ対策と老後資金対策が挙げられるでしょう。物価が上昇する場合は、ほとんど金利がつかない預金等の額面価値は変わらなくても、相対的に実質価値は下がります。また、老後の年金が増えにくいマクロ経済スライドがスタートしたことによって公的年金支給額にも過大な期待はしない方がいいでしょう。そのため自分で資産運用をする必要性が高まっているということです。

NISAは資産運用が有利になる税制

資産運用をする場合には、手数料や税金コストについてはできる限り少なくすることで実質的な利回りを上げることを考える必要があるでしょう。そして、上手く節税をする第一歩は、まずNISA制度を知ることが大切です。NISAは、一定金額以内の少額な投資であれば、その投資によって生まれる譲渡益や配当所得については非課税にするというものです。一人一口座作ることができ、非課税の期間は5年間で、一度だけもう5年間ロールオーバーができます。

老後準備の資産運用は確定拠出年金で

資産運用は長期投資が有利と言われることもありますが、ただ長期間保有すればいいというものではありません。それでも長期間の運用が必然となる場合として老後に向けての資産運用があります。老後資金の場合は、確定拠出年金制度を上手く活用すると有利かもしれません。購入時の販売手数料がない等のメリットがありますが、その他の大きな特徴として、確定拠出年金への掛金は所得控除の対象(小規模企業共済等掛金控除)で、これも節税効果があります。この確定拠出年金は、掛金を自己責任で運用することが求められるため、投資の勉強が必要になるでしょう。

原油の先物取引は特に難易度が高いので、初めて投資を行う場合は控え目の資金を使って様子見で始める事をおすすめします。